試験・検査

カビ相談センターによる試験・検査

カビ相談センターでは結果だけの報告はしません。
カビ相談センターは中立の第三者機関として試験報告いたします。

カビで困った
検査の様子

試験・検査

カビ発生有無の確認検査

依頼品にカビの発生があるか否かを調べる検査です。
①直接鏡検
②培養
③染色
④活性不活性判定
⑤生理活性 など

試験期間:報告書提出まで1週間~2週間

カビ同定検査

依頼品に発生したカビや酵母の同定を行う検査です。希望により属・種まで同定します。
*検出されたカビ・酵母の特性、及び必要に応じて発生要因、対策、健康被害についても記載します。
①直接鏡検
②培養
③場合によっては依頼品についたカビの生死も判断します。

試験期間:報告書提出まで1週間~2週間
*簡易法の場合は検体が届き次第数日で判明します。困難な場合は数日かかります。

カビ抵抗性試験

依頼品のカビに対する抵抗性を調べる試験です。試験前に依頼者の意向など、確認した上で進めていきます。

試験期間:報告書提出まで2週間~6週間

抗菌・抗カビ試験

依頼品の細菌・カビに対する抗菌・抗カビ効果を調べる試験です。

  • 定性試験:効果の有無、強弱を評価します。
  • 定量試験:効果を数値化して評価します。
  • 規格試験:JIS規格などに基づいた試験をします。

試験期間:報告書提出まで1週間~4週間

調査

現場でのカビに関する調査

現場のカビに関する環境を調べる調査です。

  1. 環境測定(微粒子、湿度、含水率などカビに関する測定)
  2. 空中カビ測定(浮遊カビ・落下カビ)
  3. 付着カビ測定
  4. 汚染カビ測定

*現地調査を行います。遠隔地の場合は依頼者への指示による調査の場合もあります。
試験期間:報告書提出まで2週間~3週間

環境モニタリング調査

定期的に空中カビ、付着カビなどの調査を行うことで空気環境、施設環境の改善指導をします。
モニタリングが数回になる場合、1回目は当センターの職員が実際に実地で行うこともあります。ご相談ください。

試験期間:ご相談ください。

研究

基礎研究・応用研究・共同研究

試験内容は依頼者との秘密保持契約を結んで実行となります。
ご相談ください。

その他

その他カビに関する試験・検査・調査・研究

項目一覧に記載のないカビに関する相談・試験・検査・調査・研究も実施しております。
ご相談ください。

※試験開始後約1週間で中間報告をお電話でご説明いたします。
※試験期間は検体数、カビ数、カビの種類、試験法などによって異なります。


試験・検査に関するお問合せはこちら