センター概要

カビ相談センターとは

カビ問題でお困りの方へ。

私たちの生活環境にはカビによるさまざまな問題が起こっています。快適な生活空間であるはずの住宅で発生するカビ被害、食品に発生するカビ苦情、日常使う生活用品に関わるカビ問題などで日々悩んでいる人が非常に多いのではないでしょうか。
カビ被害は環境被害に限らず健康被害にまで影響を及ぼします。
そうした衣食住に起因するカビ問題について、専門的な視点にたって迅速かつ的確に対応できる中立的な相談機関が「NPO法人カビ相談センター」です。

なぜカビで悩むことが多いのか。

カビ制御やカビ対策に苦慮している方が非常に多いです。ところが、悩みに対して相談できるところがありません。
それは以下のような問題があるからです。

  1. 国内ではカビに関する行政上の規制がない。
  2. 健康被害は具体的に理解されていない。
  3. 生活の場での環境被害が切実に感じられない。
  4. カビは生えるものといった受け身的な考え方。
  5. カビに関する間違った理解や情報。
  6. 日常生活で発生するカビ問題を相談できる専門家が少ない。

カビ専門家が対応します。

こうしたカビ問題で悩む方に、カビ専門家が対応します。
「NPO法人カビ相談センター」は、皆さんが快適で健康な生活ができることを願って設立されました。

講演内容

過去の講演内容です。講演内容に関しては相談可能です。

生活とカビ

  1. 食品分野
    食べ物とカビに関わる話題
  2. 衣住環境分野
    衣料や住環境に関わる話題
  3. 日常生活分野
    身近な生活に関わる話題
  4. 健康問題分野
    カビによる中毒・感染・アレルギーに関する健康被害
  5. その他生活などに関わるカビ分野
    化粧品、医薬品、電気製品、精密機械等のカビに関する話題

カビ一般

  1. カビに関する基礎的な話
    カビが関わる一般的な話題
  2. カビ知識の誤解
    カビ知識の誤解を解き正しい知識を解説

検査・調査・研修

  1. カビ検査
    カビ検査の基本から応用にかかわる話題
  2. カビの調査
    現地やカビ被害による対応や問題
  3. カビ制御
    カビを制御する具体的な対応
  4. カビ教育研修
    カビ教育や研修する場合の基本的な内容

センター代表プロフィール

2016年4月1日付

氏名 高鳥浩介(Kosuke Takatori)
学位 獣医学博士
経歴
  • 元国立医薬品食品衛生研究所衛生微生物部長
  • 東京農業大学客員教授
  • 日本獣医生命科学大学獣医学部客員教授
  • 東京都産業技術研究センターアドバイザー

理事・監事

2016年4月1日付

理事長 高鳥浩介 (元国立医薬品食品衛生研究所部長)
副理事長 久米田裕子 (大阪府立公衆衛生研究所感染症部長)
理事 土戸哲明 (大阪府立大学21世紀科学研究機構客員教授)
理事 諸角聖 (元東京都立衛生研究所部長)
理事 森永力 (県立広島大学生命環境学部環境科学科教授)
理事 太田利子 (相模女子大学栄養科学部教授)
理事 村松芳多子 (高崎健康福祉大学健康福祉学部健康栄養学科教授)
監事 澤田拓士 (元日本獣医生命科学大学教授)
監事 高橋淳子 (桐生大学短期大学部生活科学科教授)

アクセス

〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町13-1
(事務局) 電話:03-6421-9165 FAX:03-6421-9166
(技術研修所) 電話&FAX:03-5499-2631

最寄駅:東急池上線雪が谷大塚駅徒歩7分
地図の右下にある「+」マークをクリックすると、拡大してご覧いただけます。