試験検査・現地調査

  1. カビに関する問題を解決するための試験検査・現地調査を行います
  2. カビ問題の原因を明確にし、対策の提案をすることに重点をおいていますが、ご希望に応じて試験検査の結果のみを報告する依頼もお受けいたします。
    また、内容によっては健康影響情報など専門的知見に基づいて報告いたします
  3. 報告書は中立の立場で作成いたします
カビで困った
検査の様子

試験検査の流れ・お問合せ連絡先はこちらから
メールでのお問合せはこちらから

依頼書PDFダウンロード 依頼書Excelダウンロード 依頼書記入例ダウンロード

1.カビの有無及び特定(同定)に関わる試験検査

依頼品への付着物または混入異物がカビであるか否か、またカビであった場合のカビ種の特定(同定)をします。

内容
  • 直接鏡検
  • カビの有無
  • カビの同定(属・種)
  • 酵母の同定
  • 原因と対策
  • 確認されたカビの特性(健康影響等)

依頼内容はご要望に合わせて対応いたします。
試験検査期間  1週間~
報告書提出   試験検査終了後1週間前後

【試験検査例】

依頼試料からのカビ有無・事故製品のカビ種の特定(同定)・原因と対策・健康影響の記載 消費者への苦情回答・カビ数の測定 など

2.カビに対する制御試験

カビに対する制御や効力を調べます。依頼前に依頼者の意向などを確認した上で進めていきます。

内容
  • 殺カビ試験
  • 抗カビ試験
  • ハロー試験
  • 最小発育阻止濃度(MIC)測定試験
  • 保存効力試験
  • 規格規準試験(JIS試験など)

細菌制御試験も対応いたします。
試験検査期間 2週間~
報告書提出 試験終了後1週間前後
中長期の場合は、中間報告いたします。

【試験検査例】

有効性の確認・開発試験・事故商品の確認試験・消費者への苦情回答 など

3.カビに関する現地調査 料金

環境中のカビを調査し、現場の環境評価等を行います。また、定期的に空中カビ、付着カビなどの調査を行うことで空気環境、施設環境の改善指導をします。

内容
  • カビ発生で困った場合の現地調査
    1.環境測定(微粒子、湿度、含水率などカビに関する測定)
    2.空中カビ測定(浮遊カビ・落下カビ)
    3.付着カビ測定
    4.汚染カビ測定
    5.カビの発生原因と対策
    *遠隔地の場合は依頼者への指示による調査の場合もあります。
  • [報告書提出]調査終了後2週間~3週間 (目安・依頼内容による)

  • 環境モニタリング(定期的環境調査)
    *モニタリングが数回になる場合、1回目は当センターの職員が実際に現地で行うこともあります。ご相談ください。
  • [調査期間・報告書提出]依頼内容に合わせて決定いたします。

【試験検査例】

現場の現状確認・発生予防・品質管理・製造工程でのカビ発生確認・発生環境や器物の特定 など

4.その他カビに関する試験検査

項目一覧に記載のないカビに関するご相談・試験検査も実施しております。

例)
  • 精度管理試験(定性試験,定量試験,カビ数測定試験,カビ制御試験,同定試験)
  • (一社)日本環境保健機構認定 カビ・ダニ測定技能士支援  など

お気軽にご相談ください。

※試験開始後約1週間で中間報告をお電話でご説明いたします。
※試験期間は検体数、カビ数、カビの種類、試験法などによって異なります。